2022年03月11日

ローゼの独り言(空耳付き)

「悪魔城ドラキュラ黙示録」23周年おめでとうございます。

せっかく(?)動画が扱えるようになったので、以前から触れていた小ネタでも一つ。
内容は見れば分かると思うので解説は何もしていません。
編集がめんどいとかやり方を忘れたりしたわけじゃないぞ。

要は「イベントが始まる前に姿を消しておけばイベント中もそのまま」っていう。
あらかじめその場で事前準備が必要になる都合上、時間イベントであるローゼと会うシーンだけしか使える場面はないと思う。
ちなみにイベント中でもボタン入力は受け付けているっぽいので、自由視線(Cボタンユニット上長押し)を使えば途中で現れたりもします。

…しかし、いつ見てもわざわざ人の前にまできて嫌味言いつつチョロっとだけ水遣って帰るとかどこの姑だよ…って感じだよなあ…このシーン。
二度と現れない辺り、さすがに思い返して気まずくなったのかもしれない。

できればまた現れて「まだいたの? 暇な人ね」とか蔑んでほしかったところだけれども。
posted by が。 at 14:18| Comment(11) | 悪魔城ドラキュラ黙示録

2021年12月25日

全身全霊で挑む(変身なし)

「悪魔城ドラキュラ黙示録外伝」22周年おめでとうございます。

とっくの昔になくしたと思っていたドラキュラアルティメットハードのノーダメージ動画が出てきたので上げてみる。

一番最初に戦ったときは確かイージーだったはずだけど、ローストチキン10個ローストビーフ10個使い切ってなお負けた記憶がある…。
たぶん操作するより吹っ飛んだり突っ伏してる時間の方が長かった。

新生ファイナルより圧倒的に強いじゃん…と当時も思ったけど(禁呪術全否定)、最初のサーペントともども「黙示録」プレイヤーへの挑戦というか、「なんだ、今回簡単じゃん」とか思われないようにあえて極端な調整にしたのかもしれない(妄想)
逆にこのくらい強い敵がいなければ、きっと何となく即死録をしつつも何となくクリアできて記憶にも残らないような、生ぬるいゲームになってしまったんだろうなあ。

ハードでももの足りないって人は弱点狙わずに削りダメージだけで倒してみるといいよ。
ロックオンがないからきちんと位置調整できないと攻撃を当てるのも苦労するし、ダレて油断すると簡単に7〜8割持っていかれるから結構ドキドキ(M)
posted by が。 at 09:43| Comment(6) | 悪魔城ドラキュラ黙示録

2021年03月11日

Castlevania Dracula Apocalypse

「悪魔城ドラキュラ黙示録」22周年おめでとうございます。

もう全然誕生日とか関係ない話で申し訳ないのですが、この前ふとgoogle翻訳で「悪魔城」と打ったら、ちゃんと「Castlevania」に英語変換されたときは翻訳ソフトの進化を感じました(そこで?)
特に、「悪魔城伝説」が「Castlevania III」になったのはさすがというかビックリでしたね。
もう一声、「Dracula's Curse」まで欲しかったけれども。
逆(「Castlevania III」→「悪魔城伝説」)や「ラルフ C ベルモンド」(→「Trevor C Belmont」)はやってくれませんでしたが。

ただ、現時点では「悪魔城」=「Castlevania」という認識らしく、「悪魔城ドラキュラ」だと「Castlevania Dracula」になるあたりはまだまだ学習が必要なようです。

ちなみに今回のタイトルは「悪魔城ドラキュラ黙示録」の翻訳。
まあ、そのままですね。
海外での正式タイトルは「Castlevania」なんですけど、もしこれが通称の「Castlevania 64」にまで翻訳されるようになったら、相当進化したと言えるでしょう(基準そこ?)

そんな感じで、ドラキュラとはまったく関係のない調べものをしていたはずが、気づいたらそっちのけでいろいろ翻訳していたというあるあるネタ。

ロード オブ シャドウ → Road of Shadow(正:Lords of Shadow)
…まあ、暗黒街道まっしぐらという点では間違いとも言えないような。

漆黒たる前奏曲 → Jet-black barrel prelude
何か見慣れない単語があると思ったら、漆黒・(た〜る)・前奏曲…あー、なるほどね…。
ちなみに海外版タイトルは「Castlevania: Legends」。正解への道のりは長そうだ…。

悪魔城別邸 → Castlevania Bettei
Bettei…べってい(ツボ)

柱時計の間 → Between wall clocks
どうやら「間」の解釈を間違えているもよう。
そもそもステージ自体柱時計ほとんど関係ないっていうか。

サイファ ヴェルナンデス → Cipher Vernandez
Sypha Velnumdesは当時も「胡散臭いなー」とは思っていた。
「サイファー」だから、これも厳密には違うような気がするけれども。

死神 → Reaper
違う! デス様はデス様じゃなきゃダメだ!(わがまま)


まだ全部を調べたわけではありませんが、他はちょっと違っていたりするものの あんまり面白みもなく 普通に訳してくれる感じでした。
単語だけじゃなく、セリフなんかも試してみると楽しいかもしれませんね(フラグ)

望むところだ、ヒュー! → I want it, Hugh! → 欲しい、ヒュー!(再翻訳)

何かだいぶ意味が変わった気がするな!
posted by が。 at 02:58| Comment(0) | 悪魔城ドラキュラ黙示録

2020年12月25日

カートリッジだけは3秒で出せる。

「悪魔城ドラキュラ黙示録外伝」21周年おめでとうございます。

ただの言い訳ですけど、リモートワークで機械を家に持ち込むことになって、
どうしても置き場所を確保できなかったNintendo64を一旦片づけた結果、
まったくやる機会がなくなってしまいました…。
Nintendo64も縦置きスタンドとか出ないもんかしら(今更)

まあ、でも少しずつ部屋の整理をして、また復活させたいとは思っていますが…。
思いながら半年過ぎましたけど。

今やったら十字キーで移動しようとしたり、Zトリガーでシンクロ防御を狙ったりしそうな気がする。


思えば前期はSFC版、後期は魔鏡ばっかりやっていた2020年。
こんなだから詰む一方なのはまあいいとして(よくはない)、来年は今の息苦しい事態が収まっているといいなあ…。
posted by が。 at 09:23| Comment(0) | 悪魔城ドラキュラ黙示録

2020年03月11日

言うだけ言ってみる。

「悪魔城ドラキュラ黙示録」21周年おめでとうございます。

新年始まってからいろいろとアレな感じですけど、これを機に(?)徐々に上向いてくれるといいですね。
ルーター壊れたと思って買い替えたらケーブルの位置間違えてただけとかいうオチはもうたくさんだ(素)

さて、今年で ダラダラと進めていた ラインハルト編攻略もひとまず終了する予定で、まだ終わってもいないうちから「これからどーすっかなー」とか考えていたりするわけですが。
ちなみに現在、ステージ10には全く手を入れていない。
とりあえずあれだ。
キャプチャーの調子が悪いんで、早くNintendo64互換機出ないかなーっていう。

Hardモード攻略を本格的にやってみるとかはアリかもしれないけど、でもその前に作ったっきりほぼそのままな「黙示録外伝」に手を入れる方が先か。
それに「Hardは自力でがんばってみてほしい!」という 投げっぱなし 気持ちもあって、まだ踏み切る気にはなれない…。

そういやブラウザによっては機能しない「月輪」のリンク修正もあるし。
全ページ背景の固定のし直しとかもあるし。
そもそもいいかげんベースから勉強し直すべきだとは 10年前から 思っている。

探せばいくらでもやることが見つかるんですけどねえ…。

ただの愚痴でもう誕生日何も関係ねーな。
posted by が。 at 01:18| Comment(2) | 悪魔城ドラキュラ黙示録