2021年05月16日

もう確認はできない…。

久々にWii UのWii互換で「血の輪廻」をプレイしてハタと。

「…あれ? 画面下8ドットの余計な表示直ってね?」

初期配信版ではすごい気になっていた箇所だから、直ったのは素直に嬉しいんですけど、これって
・音声差し替え版で直した
・Wii U(互換)の仕様
どっちなんだろうか。

8ドット余計表示って、たぶん「血の輪廻」の問題じゃなくて、Wii用のPCエンジンエミュレーターの仕様(他のソフトでもおそらく同じ)だと思うんですけど、他にPCエンジンソフトは買わなかったから確認できない…。
もちろん引っ越したからWiiでの再確認も不可能。


あと、差し替え版のオープニングだけ音量がデカくて他と全然合っていないとか、ステージラスト(ボス部屋前)の扉に触れるとCD-DAが即停止する(本来はフェードアウト。初期配信版では問題なかったはず)とか、今までなんで気づかなかったんだろう…と不思議でしたが、引っ越し後のプレイ時間記録(5分)を見て納得。

差し替えだけでそんなに落胆したのか…過去の自分。

※追記
ボス撃破後(魔力の玉出現時)とか救出女性発見時とか、本来はフェードアウトされる個所全般がブツ切り処理になってるっぽい。
こうなると初期配信版でちゃんと処理できていたかどうかも記憶に自信がないなあ…。
posted by が。 at 23:35| Comment(0) | 悪魔城ドラキュラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。