2019年10月31日

誕生日に何か書いてみる。その23

もうクロスだけでいいんじゃね?

第二十三回目は

「悪魔城ドラキュラ」(SFC)

1991(平成3)年10月31日(木)、今年で28周年です。

「グラディウスIII」「がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻」に続くコナミSFC第三弾として登場した「悪魔城ドラキュラ」。
進化したスーパーファミコンのグラフィック、BGM、処理能力を駆使して「初代」を再構築したリメイク版…というよりこれはもう新作と言ったほうが正しいかもしれない。
主人公は変わらずシモンで、姿形は変われど続投している敵も多いものの、ステージは完全に別物で、やっていて「初代」を思い起こすような場面はほぼないし。
ゲーム面でも拡大縮小とか部屋まるごと回転とか巨大シャンデリアとか、とにかく機能を使ってみたかったんだろうなーと思える場面が割と多いし、むしろ「スーパーファミコンの機能ありき」でプロジェクトが始まったような感じすらある。
その点からみても、コンセプトは「リメイク」ではなくスーパーファミコンによる「新生」だったのかもしれない(正確なところは知らないけど)

…とはいえ、スーパーファミコンの各機能を無理なく落とし込んだうえ、ヘタをするとてんでバラバラになって収拾がつかなくなりそうな要素をうまくまとめ上げた手腕は大したものだし、インパクト面での訴求力も十分で、「これはぜひやってみたい!」と思わせたのだからやはりこのころのコナミはすごい。

もっとも、全体的なバランスはやや大味というか、頻繁にアウアウ叫んでいる気がする割には戦闘面で苦労する場面はあまりなくて、でも代わりに即死トラップだらけという極端な調整になっているのは確か。
本サイトの「悪魔城解析塔」を見ればわかりますけど、トラップ一覧は赤数字(即死)てんこ盛り。
逆に言うとそれでもバランス崩壊はしていないのだから、それはそれですごいと思うべきなのかもしれないけれども。

しかし、そんな大味さなんてまとめてしまっちゃえるくらいに個人的に特に印象深かったのは、最終ステージ(側近の部屋に入って以降)の流れですね。

激しい曲をバックに、最後の側近・死神を倒すと一転して訪れる静寂。
意を決して天守への通路へ踏み出すと、シモンを誘うように松明が灯り、同時に流れ始める「ドラキュラの間」(オープニング曲)
そのまま最終戦へと突入し、ドラキュラを追い詰めたところで不意を突くように始まる「シモン・ベルモントのテーマ」(誤記にあらず)
そして長かった夜が明け、朝日が差し込んで戦いの最後を告げる…。

文才皆無だから0.1%も伝えられていないと思うけど、ここの展開は熱い。熱すぎる。とても1991年のものとは思えない。
冗談抜きにして、この演出を超えるものには未だ会ったことがないくらいに。
もちろん、自分の大したことのないうん十年の記憶にある限り、だけど。

まだ見たことがない人はぜひ見てみてください。
セリフなんか一切なくても、演出だけでこれだけの感動とドラマ性を呼び起こせるという良い見本です。
あ、でも動画で他人のプレイを見るのはダメです。
情緒も何もないTAS動画なんてもってのほかです。
あれは自分で努力して頑張って泣いて絶望してたどり着いてこそ価値のあるものだから。

もっとも、そこまで行けるプレイヤーは結構限られるのも事実なのですが…。

■同期のシリーズ作品
「ドラキュラ伝説II」

■同期のコナミ作品
「がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻」「ワイワイワールド2」「夢ペンギン物語」「クライシスフォース」「ラグランジュポイント」「ネメシスII」「コントラ(GB)」「パロディウスだ!(GB)」「出たな!! ツインビー(AC)」など。

■同期の他社作品
「ファイナルファンタジーIV(同イージータイプ)」「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」「超魔界村」「へべれけ」「メタルスレイダーグローリー」「ロックマン4」「聖剣伝説」「Sa・Ga3」「コットン」「ライザンバーII」など。
有名作品に交じって「なにそれ?」と思うものも紛れていますが、趣味です(素)
他に、対戦格闘ブームを作り上げた「ストリートファイターII」なども。
しばらくは雨後の筍のように格闘ゲームが湧いてたなあ…。
この記事へのコメント
『アニバーサリーコレクション』で実際にやってみましたけど、本当に終盤の盛りあがりは素晴らしいものがありますね、SFC版ドラキュラ
ドラキュラ戦での『シモン・ベルモンドのテーマ』には震えました
あとFC3部作と比べると操作性が良すぎて泣けてきます(褒め言葉) 『悪魔城伝説』をノーコンティニューでクリアできるのはいつになることやら……

コレクションを一通りやって他作品にも手を出してみたいと思ったのでWiiU引っ張り出しまして、月輪やってます
自力で1周はクリアしたので職業モードは管理人さんのサイトでチェックしながらやってますが、取りこぼしの多いこと多いこと……
あの凄まじい規模の攻略サイトを作られたことに感謝です
Posted by T at 2019年12月06日 00:24
コメントありがとうございます。

SFC版は中盤の城内潜入といい、グラフィックとBGMの融合がホントにすばらしい作品だと思います。
それでいて難易度もボリュームも十分だし、これがわずか8MBitとは信じられん…。

自分も「アニバーサリーコレクション」欲しいんですけど、SteamにするかPS4買うべきか未だに悩み中…。
改めてそんなに遊ぶことはないと思うけど、秘蔵資料(?)の内容は気になる。

「月輪」が終わったら「黙示録」もどうぞ(笑)
Posted by が。 at 2019年12月12日 01:56
自分はSwitch版です 『悪魔城ドラキュラ』(FC)のサウンドに変な高音が入る、なんてのが全ハード共通で言われているようですね
あとSteam版固有で若干変な挙動が多いらしいので、PS4版が無難なのではないかなと思います

他のタイトルだと『バンパイアキラー』も衝撃的でしたね このご時世に2DACTで驚かされまくる経験ができるとは思いませんでした
BonusBookに関しては収録されてるタイトルの範囲だけで資料がまとめられているようです つまり『血の輪廻』や『月下』以降の世界観に関してはほぼノータッチで、エリック・リカードに関しても「謎の人物」として扱われています
資料については本当に製作中に使われていた手書きの設計図やら仕様書やらが結構な量入っていますね

黙示録、やってみたくはあるんですが手に入らないですね……
今更VC配信も望めないだろうしなぁ
Posted by T at 2019年12月18日 13:51
うーむ。「Xセレクション」もあることだし、やはりPS4が第一候補だろうか。

…これ以上ハード増やしたくないんだけどなあ。
…PS4でやりたいものも一個くらいしかないんだけどなあ。

ゲームの「見た目」なんかはここ数十年で驚くほどに進化しましたが、内容自体は今も昔もそれほど劇的な変化はないような気もしますね。
特に2000年以前のコナミにはアイデア的にもプログラム的にも変態(褒め言葉)がたくさんいたし、なにより「楽しんで作ってる(んだろう)なー」という雰囲気が感じられたし。

「黙示録」はハードともどもちょっと大きめの中古屋に行けば割と見つかるほうですが、ハードのナントカ権が切れた今では互換ハードも期待したいところです(解像度が少し上がってくれればなお良し)
採算面であまり期待できないのは分かり切っているし、単独での登場は難しいかもしれませんが…。
Posted by が。 at 2019年12月19日 07:46
いつの間にかアプデで海外版が追加されましたがで海外版『Castlevania III: Dracula's curse』で地獄を見せられました……
あと斧を投げるクリストファーなんていう(日本人的には)レアな光景も……
ホント色々と新鮮な気持ちで楽しめてるので、個人的には買ってよかったです

ゲームって2Dから3Dに移り変わったところが最大のパラダイムシフトで、これ以上はどれほどハードウェアが進化してもアレほどの大変革は望めないのでしょうね……
3DACTの根幹もだいたいN64時代に任天堂が確立してしまって、どれほど見た目が綺麗になっていても根本部分ではその後追いにしかならないのは否めません

コナミゲーと言えばグラディウスシリーズのファンなのですが、特にパロディウスなんかは開発がやりたいことを徹底的に詰め込んでいた感じがあって大好きでしたね 『実況おしゃべりパロディウス』とか、ホントまともな頭をしていたら思いつきすらしないだろうに(褒め言葉)
ちなみにアーケードクラシックスも買ってるのでAC版ドラキュラもやりました 『十字架を胸に』は名曲ですねぇ

地元の中古ショップはもうほとんど壊滅状態なんですよねぇ……
任天堂がN64ミニを作ったらぜひとも収録を……と思ってしまっていたり

あと月輪シーフモードまですべてクリアしました
各モードで要求される攻略法がガラリと変わるのは非常に面白いですねぇ
シーフモードならマインドアップ系を溜め込んでDSSウラヌスで強敵狩りしてレベルをガンガン上げていったり……
素敵な攻略サイト、ありがとうございました
Posted by T at 2019年12月19日 11:41
あぁ、あの短剣ばっかり出てくる海外版ねー(笑)
もう経験したかもしれませんが、二周目はもっと地獄ですよ。
メデューサヘッドの代替の敵とか「うわああああ!」ってなりますきっと。
あとドッペル戦の安地を潰されていたのが地味にキツかった。

2Dから3Dに変わって、一番感じたのが「常識的な動きしかしなくなった」ことですかね。
驚いて目が飛び出すとか、ありえない角度で走るとか、思わずちょっと噴き出すようなコミカルな動きがとんとなくなってしまったのはホントに残念だなあ…と。
(3Dでやられたら不気味なだけでしょうけど)

64ミニは主にコントローラーの仕様から難しいのかなあ…と思っています。
中央部分を握る操作とか、70%に縮小されたらたぶん無理そうだし。
3Dスティックも強度に不安が出るだろうし。
まああと、64自体が失敗以下略

「月輪」はシーフクリアからが本番です(断言)
全モードレベル99&アイテムコンプ目指してふぁいとー(強制)
ちなみにVampire Killerモードでボス(とネクロマンサーが召喚するゾンビとスケルトン)以外の敵を一切倒さない縛り(個人的に「聖人モード」と呼称)も結構面白いので、気が向いたら挑戦してみてください。
Posted by が。 at 2019年12月22日 01:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。