2019年07月23日

誕生日に何か書いてみる。その14

変態の、変態による、変態のための一作(褒め言葉)

第十四回目は

「悪魔城ドラキュラ」(X68000シリーズ)

1993(平成5)年7月23日(金)、今年で26周年です。

褒める方向の最上位に「変態」しか浮かばない自分の語彙の貧相さは理解しているつもりですが、もう少しがんばって考えてみるなら「究極変態ダダンダーンですかね(超褒め言葉)
いやもう、時代を考えたら究極的で変態的な出来だし、それ以外にふさわしい適語は思いつきません大マジで。

「初代」のリメイク作品にして「悪魔城ドラキュラ」シリーズ集大成とも言える存在。
何度も書いている気がしますが、これが新人含むわずか数名のスタッフの手で作られたとは信じられん…。

背景やキャラクターの狂気あふれる描き込みや、格好良すぎて鳥肌が立つBGM(LOAD BGMから早くも震える)、音源別に各パターンを用意するこだわり、気持ち悪いくらいに滑らかなアニメーション(階段とかヤバい)、攻略しがい抜群のステージや敵、徹底した「初代」に対するオマージュ…。
(一応言うけど狂気とか気持ち悪いとかは最高の褒め言葉です)
基本はきっちりパターンに収めつつも、要所では適度なアドリブ対応も求められ、ガチガチなパターン記憶ゲーに留まらないバランスなどは特にすごい。
さらには6周目まで細部に変化をつけると同時に、お遊びやネタすら入れてくる余裕さ。
50005点なんて発想、よほど初代をやり込まない限りは気づくのも難しいはずなのに。

とにかく欠点がなさすぎて、あるなら逆に教えてほしいくらいですが、たとえ教えられてもそうとは思えないんだろうなあ…。だって現時点で欠点だとは微塵も思っていないわけですから。

今やとにかく触れるのが難しい…というのが唯一のマイナス面(欠点とは別問題)か…。
いやホント、もしアニバーサリーコレクションに本作が入っていたら「殺してでも奪い取る!」『な、なにをするきさまらー!』…いや、もちろんそこまではしませんが、購入は確定だったのになあ、と。

存在としてはトップ3…むしろトップでもおかしくないくらいのものですが、
いやー、今思い出してもあのラインナップはファンをナメてますよねえ…。


同期系は既出なので省略。一応シリーズだけ再掲すると、
「悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん」(GB)
「悪魔城ドラキュラ」(ROMカートリッジ版)
「悪魔城ドラキュラX 血の輪廻」
の三タイトルです。
この記事へのコメント
お世話になっております。
以前お願いしておりました月下の夜想曲のマップ素材および攻略情報を使用させていただいた動画を投稿しましたのでご報告いたします。
https://youtu.be/BqeeaZUoUEA

使用した素材の使い方、説明文のリンク方法などで不備がありましたら遠慮なくお申し付けください。
解説用に使用させていただいたマップはとても助かりました。
本当にありがとうございました。
Posted by マラリア at 2019年07月26日 15:08
わざわざご丁寧にありがとうございます。

ぶっ壊れ性能の紹介でもするのかと思っていましたが、「拾うまで」がポイントなんですね。
自分だったらネタ切れで3分で終わりそうだなあ…(−−
Posted by が。 at 2019年07月28日 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。