2019年07月12日

誕生日に何か書いてみる。その12

「はやく! いそいで!」(お前も手伝え)

第十二回目は

「ドラキュラ伝説II」

1991(平成3)年7月12日(金)、今年で28周年です。

ゲームボーイながらシリーズ上位に食い込む完成度を誇り、制作スタッフの変態スペック(褒め言葉)を存分に思い知ることができる作品。
シリーズとしてはもちろん、ゲームボーイソフト全体で見ても(たぶん)十本の指に入るであろう、「ゲームボーイがあるなら絶対にやっとけ」的存在。
関係ないけど「ネメシスII」も絶対にやっとけ。
その割にあまり脚光を浴びないというか、配信にしても結局今年の「アニバーサリーコレクション」まで引っ張られたりと不遇気味なのは何でなのか。

以下、そんな「ドラキュラ伝説II」の変態度を内容別に熱く語る。

●変態その1・背景グラフィック
ちょっと見ただけで「時間かけたんだろうなあ…」と分かる圧倒的な描き込み量。
白黒のハンデなんかちっとも気にならないというか、白黒であることすら活かし切った感も。
圧倒的すぎて逆に悲しくなるけど、「漆黒」と見比べればその差は歴然。
描き込みだけでなく、マップチップの配置バランスに至るまで一切の隙なし。

●変態その2・キャラクターグラフィック
前作から若干雰囲気が変わった背景に併せて、敵も一から描き直すこだわりっぷり。
普通だったらベースを流用しても誰も気にしそうもないコウモリやビッグアイなどもすべて描き直し。
やけにリアルになって二倍ビビる。
そして、「ゲームボーイってこんなデカキャラも出せたんだ…」と驚愕する超巨大な吊り天井や、重量すら感じられるツイントライデント、アイアンドール、グランドサーペントなどのボス敵。もちろん描き込みもハンパない。
あと、地味にクリストファーも肉感的で強そうになったのがポイント高し。
前作はぱっと見レントゲン画像みたいに見えたんだよなあ…。

●変態その3・BGM
ほぼ全曲新曲かつ、捨て曲一切なし。とにかくカッコイイ&ちょっとコワイ。
これぞドラキュラサウンド。聴け! という勢いを感じた(個人的見解)
あと、ソレイユの前後に3曲もあてがうあたり、「今後も主人公としては決して出ることはないであろうソレイユに少しでも光を…」というスタッフからの 同情と哀れみ 配慮がうかがえる よーなそうじゃないよーな
まあ、本作一番の山場だろうから、ここに力を入れるのは至極当前なんですけど。
もし前後も含めて他のボスと同じ曲だったら、それほど印象に残ることもなかったのかもなあ…。

●変態その4・難易度
前作の「操作性が悪すぎるゆえの高難度」ではなく、きちんと「アクションゲームとして高難度」、でも「理不尽ではないレベル」という理想的なギリギリのライン。
のろくて単調なアイアンドールに対して「これだから図体ばかりデカい奴は…」と嘲笑っていたら返り討ちに遭ったり(経験談)
まあ、グランドサーペントやドラキュラみたいに、覚えないとほぼ一方的にボコられて終わるボスも多いのですが。
ボスは若干厳しいものの、道中はこれ以上はないと思えるくらいの見事なバランスだと思う。


…とまあこんな感じで、前作から2年分の反省と経験が存分に発揮された会心の一作。
昔と今じゃ作業量がケタ違いだから単純な比較はできないけど、関わる人数が少ないぶん、逆に個々の思い入れや熱意が作品のあらゆる要素から伝わってくるような ただの思い込みのような

懐古と言われたらそうなのかもしれないけど、それでも記憶に残る良い作品です。

■同期のシリーズ作品
「悪魔城ドラキュラ」(SFC)
こちらもビックリの仕掛けやステージ満載でシリーズトップクラスの出来。
まだ先だから詳細は控えておきますが、この内容でよく8MBitに収まったもんだ。

■同期のコナミ作品
「がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻」「ワイワイワールド2」「夢ペンギン物語」「クライシスフォース」「ラグランジュポイント」「ネメシスII」「コントラ(GB)」「パロディウスだ!(GB)」「出たな!! ツインビー(AC)」など。

■同期の他社作品
「ファイナルファンタジーIV(同イージータイプ)」「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」「超魔界村」「へべれけ」「メタルスレイダーグローリー」「ロックマン4」「聖剣伝説」「Sa・Ga3」「コットン」「ライザンバーII」など。
有名作品に交じって「なにそれ?」と思うものも紛れていますが、趣味です(素)
他に、対戦格闘ブームを作り上げた「ストリートファイターII」なども。
しばらくは雨後の筍のように格闘ゲームが湧いてたなあ…。

ちなみにコナミがPCエンジンに参入した年であり、PCエンジンSUPER CD-ROM2システムが始まった年でもあります。
年度中には「グラディウス」と「沙羅曼蛇」の移植が発売。次の年には「スナッチャー」「グラディウスII」でコナミファンを大いに沸かせることになります。
ああ、あのころのコナミ以下略
この記事へのコメント
はじめまして、マラリアと申します。
現在youtubeなどで「レアアイテムを入手する動画」シリーズを投稿しておりまして、現在は月下の夜想曲のヴァルマンウェについて紹介したいと考えております。
そこで解説の際に、こちらのサイト様の悪魔城マップを画像として使用させていただけないでしょうか?
出典元を明記したうえで、説明文にリンクを貼らせていただきたいと思っております。

今回の動画作成にあたって非常に参考にさせていただいたサイト様で大変感動しております。素晴らしいHPをありがとうございます。ぜひご検討いただければと思います。
Posted by マラリア at 2019年07月13日 21:05
どうも初めまして。

「月下」のレアアイテムと言えば、個人的に思い出すのはやっぱりフェンリルですかねー。
あとは取るのが面倒くさいくせにヴァルマンウェの完全下位互換でしかないソニックブレードとか、何かすごいものを落としそうな見た目なのに非売品ですらないセィラムがレアドロップのじんめんじゅとか(ウッドランドシールドはこっちが落としたほうがよかったんじゃないかなあ…)

余談はともあれ、マップのほうはどうぞご自由にお使いくださいませ。
クレジットとかも別に無理に入れなくても結構です。

レアアイテムなら「月輪」のギャンブラーの腕輪なんかもオススメ。
過去にはこれを99個集めた猛者もおられます。
Posted by が。 at 2019年07月15日 13:05
回答&了承頂きましてありがとうございます!
公開しましたらまたご連絡いたします!
Posted by マラリア at 2019年07月16日 10:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。