2021年09月19日

「Lords of Shadow」DLC日本語化計画。その1

「Castlevania: Lords of Shadow」日本未配信のDLCに、超アバウトな日本語訳をつけたプレイ動画を上げていく企画。全5回予定。
(既にあるかどうかは知らない。自分がやりたいからやるだけ)
もう7年近くも経っているし、今更配信されるようなこともないだろうし、それだったら自分がやってみてもいいよね? …と思った次第。

・ネタバレありです。
・全ステージノーカット、ノー編集です。
・意訳多めです。考えるんじゃない、感じるんだ。
・修正はこっそりやります。

ここまで書いてから動画を上げようとしたら、容量上限25MBまでしかアップできないとか言われた…。
25MBじゃ最初のイベントシーンすら終わらないぞ。
仕方がないので今回(というかこの企画)はURLを貼る形にします。
どのみち情報量が多くてブログの小さなウインドウじゃ全然見えないだろうから、ちょうど良かったのかもしれない。

…というわけで以下のリンクからどうぞ。

Chapter XIII: Reverie その1

今回の長さは約11分です。
posted by が。 at 00:11| Comment(0) | LoS DLC 日本語化計画

2021年09月04日

REST99チャレンジ。 その2

フリじゃねーよ!(素)

CREDIT増加量
20 → 36 → 44 → 58 → 72 → 85 → 102 → 115 → 129 → 147 → 169 → 189 → 208 → 232 → 251 → 263 → 284 → 300 → 329 → 347

HEART増加量
51 → 89 → 0 → 42 → 73 → 0 → 33 → 64 → 99 → 30 → 62 → 86 → 6 → 35 → 76 → (44) → 22 → 53 → 83 → 99
posted by が。 at 09:32| Comment(0) | チャレンジ系

2021年08月22日

抗え。吸血鬼。 その16

クライドス・チャレンジ制覇。

Kleidos Hero.jpg

最初は残り5つを1制覇ごとに記事にしようかと目論んでいたのですが…

ああもう思い出したくもねえや。

特に、最後に残ったパラディンとかストレスマックスから振り切れて悪夢まで見るくらいのク○試練だしな!(暴言)
秒制限アリなのに防御するか運頼みとか悪質にもほどがある…。
1人にするまでが吐くほど面倒くさいうえに、1人になると余計防御しなくなる気がするのは自分だけじゃないはずだ。


というわけで全項目100%になりました。

ALL100.jpg

知らないとこれで完全制覇に見えるだろうけど、実はクライドス・チャレンジだけは200%まで上がって計110%になるらしい(計算合わないけど)
条件は難易度「闇の魔王」(最上位難度)で完全制覇。

やってらんねー(素)

もともと「クライドス・チャレンジを制覇すると何かが起こる」ということだったからここまでがんばったというのに…。
しかも何かロクでもねーことが起こって神経逆なでされそうな悪寒がして今まで踏み切れなかったのに。
何も起こらなかったのは200%制覇じゃなければダメなのか、それとも誤訳(ホントは何も起こらない)だったりするのか。

それにしても、クライドス・ヒーローでシルバー(トロフィー)ってのもなかなかヒドイな…。
クライドス・チャンピオン(I〜IV)に至ってはブロンズだし。
今確認した時点ではどれも取得率2%くらいしかないし、ブロンズごときが「超レア」認定されているとか初めて見たんですけど。

やっぱり大半の人はこんなの(失礼)やろうと思わないよなー…と改めて思った次第。
posted by が。 at 10:10| Comment(0) | Lords of Shadow

2021年08月14日

REST99チャレンジ。 その1

やっぱり続いた。

戯れに精霊アタック(仮)の調査とかもしてみる。
あれって一撃が重いんじゃなくて、設定上は9撃分がまとめて計上されているとかそういう感じなんじゃないだろうか。
(システム上は16フレームくらいの無敵時間なんだろうけども)
0.3秒で9回殴られている(×3セット)とか、敵からしたらホント何が起こったか分からないだろうなあ…。

CREDIT増加量
20 → 36 → 44 → 58 → 72 → 85 → 102 → 115 → 129 → 147 → 169 → 189 → 208 → 232 → 251 → 263 → 284 → 300 → 329

HEART増加量
51 → 89 → 0 → 42 → 73 → 0 → 33 → 64 → 99 → 30 → 62 → 86 → 6 → 35 → 76 → (44) → 22 → 53 → 83
posted by が。 at 20:34| Comment(0) | チャレンジ系

2021年08月09日

抗え。吸血鬼。 その15

ガ「誰だこんなチャレンジ入れようと思い立った奴は」

…というわけで、本編の後に4つくらいはクリアしたけど、そのあまりのストレスフルさに放置して見なかったことにした「クライドス・チャレンジ」に現在7年越しの挑戦中。
うん、なんかもうアグレウスの茶番とかまだ許せる気がするくらいには胃が痛い。
いやあれはやっぱり何度やっても鬱陶しいけどな。

Kleidos Champion III.jpg
胃をキリキリさせながらも3つ目の試練集まではクリアした…(全16中11)

初めの頃はもう苦行というか陰険というか悪質というか嫌がらせとしか思えなかったんですけど(失礼)、やっていくことで気づいたのは、

「全てのスキル(ボイド・カオス・ヴァンパイアパワー・魔道具含む)を理解して使いこなしつつ、敵ごとに適切な立ち回りをしながら、チャンスを逃さず最適な攻撃機会をうかがう」

…っていう、完璧に「LoS2」のシステムの全てを熟知して発揮させるための場なんだなあ…と。
少なくとも技の引き出しが「ライジング→エアリアル→ギロチン→ダッシュ→ライジング(以下ループ)」くらいしかないとまったく歯が立たないのは確か(=数年前の自分)
まあ、いくつかはそのうえでなお運に左右されるケースもありますけど。

いや、理由は分かったんですけど、やっぱりこう「目の前の敵をひたすら排除しろ(あとの制限一切ナシ)」みたいな発散系試練も時々はあればいいのに…って思う。
だからって「ブラッディ・スケルトン8体(同時・全盾持ち)」とか「ライオット・ポリス8体(トラップばら撒きまくり)」とかストレスマックスなのはイヤだけどさ…。

でも昔だったら絶望しか感じなかっただろうけど、今なら「(ウザいけど)ムリではないかも…」と思えるようになった辺り、一応進歩はしているっぽい。
捕らわれしデーモン使用のアース・シェイカー連打で一網打尽にするだけだけど。

目標は8周年(9月4日)になる前。
果たして自分の胃はそれまでもつのか!?
posted by が。 at 22:40| Comment(0) | Lords of Shadow